• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 【U18アジア選手権】韓国が挑発発言「吉田輝星なんて…」「日本は時代遅れ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【U18アジア選手権】韓国が挑発発言「吉田輝星なんて…」「日本は時代遅れ」


キャッチボールで調整する吉田

「第12回BFA U18アジア野球選手権大会」高校日本代表は4日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われたスリランカ戦に15―0の6回コールドで勝利。初戦の香港戦に続く大勝で、スーパーラウンド進出を決めた。次戦は最大のライバル・韓国戦となるが、韓国側からは日本のエース・吉田輝星投手(3年=金足農)と日本代表に向け、「挑発発言」の数々が飛び出し、不穏なムードとなっている。

 この日、アイビースタジアムで香港を相手に41―0と日本以上のワンサイドゲームを演じた韓国代表のキム・ソンヨン監督は「ご覧の通り。韓国のレベルは高く、香港はそうではなかった。それがそのままこういう展開になった。パワーが売りのチームで、それが出た結果」と淡々と話した。

 日本戦に向けては「燃え上がるというよりも、平常心で行くだけ。甲子園の試合は全部見た。ヨシダはいい選手だし意識しているが、今さらという感じかな。対策? ウエートトレーニングと(頭を指さし)ここを使ってね。日本はヨシダがすごいすごいと言っているが、韓国にもあのくらいの選手はいる。特別な選手ではない」と、まずはジャブ程度の挑発発言を放った。

 微妙なムードになりかけた中、さらに本紙がキム監督を直撃すると、吉田が甲子園6試合で881球を投じたことについて「韓国ではそんなことは絶対にさせない。105球の球数制限のルールはとっくにあるからね。日本は今大会から初めて導入されて戸惑っているのかもしれないが、はっきり言って時代遅れ。ヨシダはまだ若い選手で、この先の選手生命は長い。韓国は有望な選手の人生を酷使で奪うようなことはしない。私が仮に今大会で日本を指揮するなら、ヨシダを登板させることはしないよ」と一刀両断。

 さらには「酷使しないためにはどうするかって? 私だったらヨシダのような投手を3枚、4枚と揃えるね。実際今回はそういう選手が揃っている。だから負けることはない」と言い切った。

 だが、挑発発言はキム監督だけでは終わらなかった。

 韓国代表のある選手は「日本は甲子園で活躍するとあっという間に話題になるけど、韓国ではすごいプレーヤーがいても野球自体がそこまで取り上げられないからね。でも、話題にならないだけでヨシダみたいな選手はたくさんいる。うらやましいところもあるけど、日本は騒ぎすぎじゃないかな」と、知名度先行の見掛け倒しだと言わんばかり。吉田フィーバーを「騒ぎすぎ」と一笑に付した。

 もともと韓国は日本に対するライバル意識が強く、対抗したい気持ちはわからないでもないが…。日本のエースもずいぶん軽く見られたものだ。

 その吉田はこの日、試合途中からブルペンで変化球を交えて50球を投げ込み「まだ投げるかはわからないが、準備はしっかりしている。(韓国は)日本のシャープなスイングとは違って、1番から9番までホームランを狙って大きいスイングをしてくる印象。直球も生きてくると思うので、しっかり空振りを取れるようにしたい。絶対勝ちたいと思います」と韓国戦を前に闘志をみなぎらせた。2大会連続の優勝に向けて、韓国は避けては通れない相手。吉田にとっても日本代表にとっても、負けられない戦いとなる。

<試合方式>1次ラウンド(R)は4チームずつA、Bの2組に分かれ、各組上位2チームがスーパーRに進む。A組は日本と韓国、B組は中国と台湾のスーパーR進出が決定。進出したチームの1次Rの対戦成績は持ち越される。スーパーRでは別組の2チームと対戦。計3試合の成績上位2チームが決勝、3、4位チームが3位決定戦に進出する。中国と台湾は力が落ちることから決勝が日本と韓国の再戦になる可能性は高い。

<球数制限>今大会から採用され、1人の投手が投球可能な球数は105球に定められた。それ以上、投げた場合は中4日の休養が義務付けられた。イニング中に上限に達した場合、対戦中の打者には最後まで投げることができる。50球以上投げた場合は中1日空ける。3日連続登板すると球数に関係なく4日目は登板できない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!