• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 【高校野球】初回大量得点の口火!佐藤コビィは日大三のお祭り男

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【高校野球】初回大量得点の口火!佐藤コビィは日大三のお祭り男


初回に中前タイムリーを放った佐藤コ

 第100回全国高校野球選手権大会は10日、甲子園球場で1回戦3試合が行われ、第2試合では日大三(西東京)が16―3の大差で折尾愛真(北福岡)に勝利。大事な初戦で最高のスタートを切った裏には“お祭り男”の活躍があった。

 日大三は初回、一死から4者連続四死球で押し出しの1点を手にすると、なおも満塁の場面で6番・佐藤コビィ(3年)が中前へ2点適時打。その後も続いて4連打で打者一巡、7得点を挙げ試合の大勢を決めた。2回以降も効果的に得点を重ね、15安打16得点の猛攻で折尾愛真を粉砕した。

 初回大量得点の口火を切った佐藤コは「僕が活躍したほうがチームも盛り上がる。自分だけ公式戦でヒットが出ていなかったので、こっち(甲子園)に来たらやってやろうと思っていた」と話したが、貢献はグラウンド内だけにとどまらない。

 ガーナ人とのハーフでムードメーカーの佐藤コは日大三の“お祭り男”。お笑い芸人については誰よりも詳しく、試合前には毎回一発ギャグを披露してチームの士気を盛り上げている。この日も試合直前にお笑いコンビ「流れ星」のちゅうえい(40)の一発ギャグ「ぶんぶんぶぶーん、ぶんぶぶーん、ファンキーな乳搾り!」をぶちかまし、ナインを爆笑の渦に。その後GReeeeNの「プライド」を全員で大合唱、最高の状態で試合に臨んでいた。あるナインは「コビィが打つと本人よりも周りが『ヨッシャー!』となる。今日の大勝はアイツのおかげです」。まさに“コビィさまさま”というわけだ。

「打ちすぎなんてウチにはないです。気持ちよくなっていけと、自分はそういう監督なので」と小倉監督も笑顔。強打の日大三を勢いづけるお祭り男から、この先も目が離せない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!