• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 浦安南「ルール知らない」どころか一躍ダークホースも2回戦で散る

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦安南「ルール知らない」どころか一躍ダークホースも2回戦で散る


 全国高校野球選手権大会千葉大会2回戦(14日)、浦安南は船橋啓明に0―8(7回コールド)で敗れた。

 初戦で有力校の日大習志野を5―4で下した浦安南だが、この日は朝から思わぬアクシデントに見舞われた。移動のバスが高速道路の事故渋滞に巻き込まれ、球場に到着したのは試合開始時刻の午前11時30分ごろ。大慌てでの調整を余儀なくされた。

 その影響もあってか、先発のエース・本田は3回6失点と乱調。打線も相手バッテリーに翻ろうされ、1安打のみに抑えられた。

 同校は昨年、3年生不在の現2、3年生で活動。今年は新たに1年生部員も加入し、充実した新体制で臨むこととなった。試合後、湯原諒(3年)は「人数も増え、後輩たちは自分たちより恵まれた環境で野球ができるので、甲子園出場を期待したいです」と涙ながらに夢を託した。

 浦安南といえば、2003年夏の高校野球千葉大会で、ルールを知らない助っ人部員のミスでゲームセットとなった動画で話題になったが、今年は初戦で強豪私学校を撃破したことで「ダークホース」として一躍注目される存在に。

 それでも白鳥了監督は「昨年より走攻守でひと回り成長できましたが、まだまだ気持ちの波が激しいです。そういった意味では、気持ち的に安定性のある下級生の今後の活躍に期待したいですね」と謙遜しながら期待の言葉を口にした。

 応援に駆けつけたファンも「去年までは試合後にファンへあいさつなんてしなかったし、負けて泣いている選手なんてほとんどいなかったですよ。今年はしっかりあいさつもして、みんな悔しそうな表情で涙を流していた。来年以降さらに注目していきたいです」とナインの成長に舌を巻く。

 野球の技術、そして精神的にも大きく成長した浦安南野球部。もう「ルールを知らない野球部」なんて言わせない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!