• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 球宴第1戦先発の松坂 直球勝負宣言に中日関係者冷や汗

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

球宴第1戦先発の松坂 直球勝負宣言に中日関係者冷や汗


球宴での「直球勝負」を宣言している松坂

 身内は複雑な心境のようだ。12年ぶりにファン投票で「マイナビオールスターゲーム2018」(13日=京セラ、14日=熊本)に選出された“平成の怪物”中日・松坂大輔投手(37)は第1戦での先発に向けて「パワフルで技術的にも高いものを持っているパ・リーグの打者と対戦できるのは非常に楽しみ。直球勝負で。僕の真っすぐは動きますけど」と腕をぶしている。

 ワクワクするのも当然だ。ソフトバンクでの日本球界復帰から3年間で一軍登板1試合しか投げられなかったのが、今季は7試合に先発して3勝3敗で防御率2・41。しかし、現在は背中を痛めて6月17日の西武戦での先発を回避してから出場選手登録を抹消されている身。中日関係者は「球宴での直球勝負を宣言した松坂のその心意気はヨシとしたい」と理解を示す一方で実戦復帰が球宴での“ぶっつけ登板”となることに対して「病み上がりだし、肩などに負担がかかるオール直球勝負はできれば避けた方がいい。そこにこだわりすぎてガンガン打ち込まれでもしたら、ファンだって悲しむ。むしろカットボールやスライダーとかが一級品なんだから変化球勝負した方がいいのでは」(別の関係者)との声も上がっている。

 故障後はブルペンでも数回しか投げておらず、本人にも少なからず不安はある。しかし、それ以上に「しっかり球宴で投げて後半戦にスムーズに入っていきたい」という前向きな気持ちの方が強い。周囲はヒヤヒヤでも松坂は“その気”だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!