• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 阪神・糸井が球宴強行出場へ チーム内から慎重論も

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神・糸井が球宴強行出場へ チーム内から慎重論も


 死球による右足腓骨骨折で戦列離脱中の阪神・糸井嘉男外野手(36)が12日、「マイナビオールスターゲーム2018」(13日=京セラドーム大阪、14日=熊本・藤崎台)に強行出場する意向を固めた。

 この日、鳴尾浜でのリハビリ練習には姿を見せなかった糸井だが、球団関係者の話を総合すると、今回の球宴を辞退すれば規定により後半戦開始から10試合出場できないため、痛みを押して出場するという。

 糸井は6月30日のヤクルト戦(神宮)で投球を右すねに受けて骨折し、7月3日に登録抹消された。金本知憲監督(50)は「(レントゲンで骨に)傷はあるんだけど、そんなに長引かない。みんなが思ってるより早く復帰できる」と、球宴明けでの最短復帰を示唆していたが、当初の糸井は「完治」を目指していたと思われる。だが、借金3のリーグ3位で迎える後半戦10試合欠場はチームにとっても痛いのは事実。本人的には“無理をしてでも”の理由から今回の球宴出場に踏み切ったわけだ。

 すでにチーム内から「先を見越せば万全を期すべき。無理をして悪化すればどうなるのか」など“慎重論”も噴出していたが、ある球団関係者は「(球宴は起用などで)少し迷惑をかける形になり、本当に申し訳ないが『できる範囲で出場したい』と糸井本人は言っている。球団としてもタイガースの代表として何とか頑張ってもらいたい」と話した。

 もともと、骨折前は「今年の球宴は無縁だと思っていた。選手間投票という名誉ある選出で出場できることを大変うれしく思います。いい選手がたくさん出場するので刺激をもらいたい」と球宴出場への意欲は満々だった糸井。今回の強行出場もチームのためにと、その意気や良しであるが、危険な賭けになるかもしれない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!