• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 【窃盗逮捕】元巨人・柿沢容疑者は「球界のルパン」楽天時代から囁かれていた悪評

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【窃盗逮捕】元巨人・柿沢容疑者は「球界のルパン」楽天時代から囁かれていた悪評


逮捕された柿沢容疑者

 神奈川県警多摩署は8日、窃盗の容疑で元巨人外野手の柿沢貴裕容疑者(23)を逮捕した。ジャイアンツ球場の選手ロッカーから、阿部や菅野ら主力選手の道具など約110点を盗み出しては売却し、約100万円を手にしていたという。消費者金融からの借金を繰り返し「生活に困窮していた」そうだが、理由はそれだけではなかった。関係者の話を総合して浮かび上がった柿沢容疑者の“異名”と“本性”とは――。

 チームメートが大事にしている野球道具を転売し、生活費に充てるという蛮行は球界に大きな衝撃を与えたが、球界関係者から聞こえてきたのは「やっぱりやってしまったか」「いずれこうなると思っていた」という反応だった。

 巨人側の説明では、移籍前からの借金苦に加え、今年結婚したことで生活環境の変化も影響した、としている。「苦しさに耐えかねてつい…」の印象を抱かせるが、ある球界関係者はこう語るのだ。

「性格上の問題なのか、彼は『人の物を盗む』ということへの罪の意識がほとんどないそうなんです。高校(神村学園)時代から何かと問題を起こしていて、スカウトの間でもそういった話は出ていた。楽天は獲得に踏み切りましたが、あまりの根深さに困惑していました。なんとか更生させようと教育者を呼んで講話を聞かせるなどしたそうですがね。結局、直らなかったということでしょう」

 一体どういうことなのか。某球団の選手が柿沢容疑者の信じられないエピソードを明かす。

「楽天の選手から聞いた話ですが、キャンプから寮に帰ってきた、ある選手が『部屋に自分の服がない』と言い出して。当然、誰が盗んだんだ、という話になるわけですが、なんと柿沢が堂々とその服を着ていたというんです。さっそく本人を捕まえて話を聞いたら『ちょっと借りてた』って平然と言ったそうですよ。ヤバくないですか?」

 借りたといっても、他の選手の部屋に勝手に忍び込む行為は明らかに不法侵入。しかし、最後まで柿沢容疑者に悪びれた様子はなかったという。こうした行為があったからなのか、楽天ナインが柿沢につけたニックネームは「ルパン」。今となっては笑えない話だ。

「とにかく平気でウソをつく、という評判は前からありました」とは別の球団関係者。「例えば、前からしていた食事の約束を『急用が』とか言ってキャンセルしたのに、当日遊んでいるところを見つかったりとか…。とにかくすぐウソをつくから、楽天でも巨人でも信用する人はいなかったんじゃないかな」

 ちなみに柿沢容疑者の両親はエリートで、かなり厳しく育てられたという。ある球団のスカウトは「そういった環境が、彼の性格をゆがませてしまったのかもしれない」と語ると、こう続けた。「たぶん単なる契約解除だけだったらまったく反省しなかったと思う。でも逮捕されたことで、少しでも罪の意識を感じるようになってくれれば…」

 いずれにせよ“球界のルパン”ならプレーでファンの心を盗むべきで、仲間の野球道具を盗む行為は「ルパンに失礼」と言わざるを得ない。

【安井・好川・渡辺法律事務所の渡辺久弁護士の話】窃盗罪の法定刑は刑法235条により10年以下の懲役又は50万円以下の罰金となっており、被害額が100万円以上の場合、初犯であっても実刑の可能性が高まります。量刑では、被害額のほか余罪等の諸事情も考慮されますが、この被害額からすると、実刑を免れるためには、被害弁償と被害者との示談が前提となると思われますが、その場合でも、不起訴となるのは難しく、また、おそらく罰金では収まらず、懲役1年から1年半、執行猶予2年から3年程度になるのではないかと思われます。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIサマーナイトフェスティバル】松戸競輪場で14日開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で公開!

【SGオーシャンカップ】開会式にSKE48が登場! 出場選手52人を激励!!
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!