• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 阪神 新4番・陽川を育て上げた掛布氏の情熱

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神 新4番・陽川を育て上げた掛布氏の情熱


プロ初の4番で勝負強さを発揮した陽川

 阪神が1日のヤクルト戦(神宮)に6―5で勝ち、2カード連続の勝ち越しに成功。2位タイに浮上した。

 この日は福留の6度目の休養に加え、前日6月30日の試合で右足への死球を受けた糸井が今季初めて欠場。登録抹消も危ぶまれたが、その窮地を救ったのが「第103代虎の4番」に座ったプロ5年目の陽川尚将内野手(26)だ。

 追加点が欲しい2回二死満塁できっちり右前2点適時打を放ち、いきなり4番の役目を果たした。「結果が出て良かったです。4番は練習前に言われた。打順は関係なく、やることは一緒です」。謙虚な陽川には金本監督も「評価できるのは追い込まれてからタイムリーが増えているところ」と成長を口にした。

 陽川は今回、不振のロサリオに代わって一軍昇格。6月の月間打率は3割8分5厘、3本塁打、20打点と絶好調で、今年こそは覚醒しそうでいるが、忘れてならないのが昨年まで陽川を二軍の4番で起用し続け、本塁打、打点のウエスタン2冠王を取らせるなど徹底指導し続けてきた“ミスタータイガース”こと、前二軍監督の掛布雅之シニアエグゼクティブアドバイザーだ。

 掛布SEAは陽川の活躍に「アイツが打ってくれると本当にうれしい。野球は個々のプレーの集合体で常々、オレは“一人に強くなれ!”と言ってきた。それがだんだんと身に付いている」と評価。そして「打って活躍して新聞の1面を飾るのは当然。逆に打てなかったことがニュースになって1面を飾るぐらいの選手になってほしい、と言っている。かつてのイチローもそうでしょ」と難しいノルマまで課すほど、その能力にほれ込んでいる。

 陽川の元には掛布SEAが現役時代に使ったグラブの復刻版がプレゼントされている。背番号にちなんで限定31個のうちの一つだ。

「(掛布SEAには)本当にお世話になった。一軍でしっかりと結果を出すことが恩返しと思っている」と常々、話している陽川。恩師のためにもまだまだ打ちまくるしかない。 

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!