• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 阪神連勝3でストップ“大誤審”に泣く

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神連勝3でストップ“大誤審”に泣く


走者・藤井が走路を外れているとアピールする北條(右)

 5連敗後の3連勝で息を吹き返しつつあった阪神が、29日のヤクルト戦(神宮)でまさかの「大誤審」に泣かされた。8―8の7回裏、ヤクルトは一死二塁で代打の荒木が三塁前へゴロを放ち、打球を処理した三塁手の北條は三塁へ進もうとした二走の藤井にタッチを試みた。ところが藤井は北條を避けるように走路から大きくそれ、倒れ込みながら三塁に進んで判定はセーフ。記録は北條の野選となった。

 誰が見ても北條がタッチにいっているのは明らか。野球規則では「走者が野手の触球を避けて走路から3フィート以上離れた場合」はアウトとなることから、金本監督は責任審判でもあった飯塚三塁審判に猛抗議したが「北條選手に(タッチするという)タッグ行為がなかったのでインプレーとして試合を再開する」と却下された。結局、一死一、三塁で再開した直後に西浦の勝ち越し2点打が飛び出した。

 試合後の指揮官は「タッチにいって手を伸ばしているでしょ! 審判で協議し、ビデオで見て、といったができないということだった。対策? それは取るでしょ。抗議しないと納得いかない。終わったから済んだというもんじゃない」と怒り心頭。谷本球団副社長も「野球にならない。きちんと責任ある立場の方に検証してもらわないといけない。球団としては意見書を提出します。審判のご判断は尊重するが、ルールにのっとってのもの。かなり恣意的になっている。到底納得はいかない」と声を震わせた。

 先日は同じ関西球団のオリックスが本塁打を巡る誤審騒動で審判団から謝罪を受けたばかり。今回の判定も決勝点だったところは同様だが、飯塚審判員は2012年、当時現役だった金本監督と判定を巡って一触即発となった“因縁”がある。チーム内からは「金本監督を今でも目の敵にしているところがある。それが出たんだ」などと不満の声はやまなかった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!