• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 初登板初先発で初白星 西武・今井にエースの気質

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初登板初先発で初白星 西武・今井にエースの気質


ウイニングボールを手に父・一也さん(右)、母・江利子さんとポーズを取る今井

 西武・今井達也投手(20)が13日のヤクルト戦(メットライフ)でプロ初登板初先発。6回5安打1失点でチームも7―4で勝ち、プロ初勝利をマークした。

 最速152キロのストレートを軸にスライダー、カーブ、チェンジアップを効果的に配し、交流戦首位を走るヤクルト打線を翻弄。辻監督は「マウンドさばきを見る限り非常に落ち着いていた。ファームの試合では球が暴れていたけども、彼の特徴というか大舞台が落ち着かせてくれたのか、好きなのか分かりませんけど本当に見事な投球でした」と2016年の甲子園V腕を絶賛した。

 今井は「初登板ということで監督やコーチに『楽しんでやってこい』と言われたのでその言葉通り楽しめました」と笑顔を見せたが、ここまでの道のりは試練の連続だった。

 プロ1年目の昨年は2月のキャンプを皮切りに計3度の右肩痛発症でケガとリハビリに明け暮れる日々。また今年2月には未成年での喫煙が発覚し、4月末まで対外試合出場停止、ユニホーム着用禁止の処分を受けた。

 しかし、その一方では今どきの若者には珍しい肝の据わりぶりに、将来のエースとして高い評価もささやかれていた。

 二軍関係者は「あれぐらい王様気質なほうが実は楽しみ。一度ガツンと言われてシュンとなるようなヤツは、ビビってインコースをガンガン突っ込めないでしょ。『オレが一番』と本気で思っているヤツのほうが、それをいい方向にさえ向けてあげれば大きな仕事をするからね。投手はそれでいい」と、今井の中に眠る“エースの気質”を指摘している。

 デビュー戦で見せたふてぶてしいほどの落ち着きぶりも、そんな気質からくるものなのだろう。何とも楽しみな投手が出てきた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI高松宮記念杯競輪】三谷竜生がGI連続優勝
三谷竜生が5月の平塚ダービーに続くGⅠ連続優勝を決め、3つめのタイトルを手にした!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!