• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > G戦士「裸動画」インスタ投稿の大マヌケ 篠原投手・河野捕手の両選手とも謹慎処分に

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G戦士「裸動画」インスタ投稿の大マヌケ 篠原投手・河野捕手の両選手とも謹慎処分に


謹慎処分の篠原(右)と河野

 巨人に今年も醜聞だ。球団は13日、河野元貴捕手(27)、篠原慎平投手(28)が都内の飲食店とSNSで球団規則に反する「不適切な行為」を行ったとして、同日付で両選手を謹慎させたと明らかにした。あきれた問題の中身は、男女が交じった酒席で裸になったハレンチ騒ぎの模様を写真共有アプリ「インスタグラム」上で“公開”してしまったというもの。考えられない愚行に球団とチーム内の反応は――。

 問題の概要はこうだ。河野と篠原は10日の深夜から翌11日未明にかけ、都内飲食店の個室で男女の知人と約10人で酒席に興じていた。途中、篠原と球団とは無関係の知人男性1人の2人がほぼ全裸で騒いでいたところを、河野がスマートフォンで動画撮影。インスタグラムの「ストーリー」という機能を用いて公開してしまった。河野のインスタグラムのアカウントは限られたフォロワーしか閲覧できない制限をかけており、問題の動画は11日午前中には自ら削除したという。だが結果的に動画の内容が一部週刊誌に流出し、12日のソフトバンク戦前に取材を受けたことで球団は事実を把握した。

 球団は福岡から急きょ帰京させた河野と二軍調整中だった篠原に対し、ヒアリングを実施。その後、両選手に謹慎を命じた上で「当球団の選手が酒席で悪ふざけをし、また知人限定で短時間とはいえ、SNSで不適切な動画を公開した行為は球団規則に反するもので誠に遺憾です」とのコメントを発表した。両選手の正式な処分は詳しい事実関係を明らかにした上で決めるとした。

 現在、両選手は「軽率なことをしてしまった」と深く反省しているという。ただ局部を露出した動画が限定された範囲とはいえ世に出回ったことは事実であり、同席者の名誉を毀損した可能性もあるとして、球団としては警察に相談することも検討しているという。

 気になるのは現場の反応だが、実は球団発表前の前夜から福岡遠征中のチームには静かに動揺が広がっていた。開幕から一軍メンバーとして登録されていた河野が、12日の試合中に何も言わず姿を消していたからだ。

「元貴(河野)は何をやらかしたんですか」といぶかる者もいたが、うすうす事情を知っていた選手、スタッフはあきれてため息をつくばかり。多くが「情けない」「みっともない」と厳しい言葉を並べた。真剣勝負の最中に水を差されたことを思えば、当然の反応だろう。

 ネットでは「またかよ!『巨人軍は紳士たれ』の看板は下ろしていただきたい」「昨今の巨人は管理体制とか社会教育とかそういうの吹っ飛んでいる」と球団を非難する声が殺到する中、「SNSで公開するなら個室をとった意味がない」という意見も…。また、ライバル球団の阪神スコアラーが盗撮で逮捕されたことが重なり「同じタイミングでなにしてる!」「同日に不祥事発覚。こんな場外戦なんていらん」と嘆くコメントも多かった。

 今回は仲間内の個室での騒ぎであり、SNS上に動画をアップさえしなければここまでの騒動には発展しなかったはずだ。ただ、事の内容はお世辞にも褒められたものではない。

「表に出なければOK」というのでは巨人の名が泣く。度重なるスキャンダルに、G党は傷ついている。

【安井・好川・渡辺法律事務所の渡辺久弁護士の話】SNS上にアップされた動画の詳細は分かりませんが、仮に局部等が写っていた場合には刑法175条、わいせつ物頒布等の罪に問われる可能性があり、2年以下の懲役、または250万円以下の罰金もしくは科料に処されるケースも考えられます。利用したとされるインスタグラムのストーリーには24時間で自動消滅する特徴がありますが、だからといって問題ないというものではありません。警察が捜査に乗り出す可能性もあるのではないでしょうか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!