• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 西武・辻監督がデビュー戦勝利の今井を絶賛「これからが本当の勝負と言った」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西武・辻監督がデビュー戦勝利の今井を絶賛「これからが本当の勝負と言った」


 西武・今井達也投手(20)がデビュー登板となった13日のヤクルト戦(メットライフ)で6回を5安打1失点(自責0)。球団としては1999年の松坂大輔投手(現中日)以来、19年ぶりとなるデビュー戦初勝利をマークした。

 試合後、辻監督は「見事でした。マウンドさばきを見ている限り、まだまだ力が入っているようには見えなかった。非常に落ち着いていた。ファームの試合では球が暴れていたんですけど、彼の特徴というか大舞台がそうさせるのか、好きなのか分かりませんけど本当に見事な投球でした」と手放しで絶賛。「力みというのを感じなくて、スピンの利いた楽にはじいたようないい直球が行っていた」と続け、交流戦明けの次回登板も即座に約束した。

 さらに今春キャンプで発覚した喫煙問題について指揮官は「そういうことあったっけ? もう忘れた。彼とは『もう終わったことだから。これからのお前の野球人生で活躍して、しっかり仕事をしていくしかない』という話をした。オレは何も思ってないよ」とさらり。続けて「もう(謹慎)期間は終わったわけですから。これからが本当の勝負だってことしか言っていない。もう(5月9日で)20歳になったし、昨年は投げ始めてちょっと、ということがあって、今年もそういうことがあって、ずっと5月までは普通の状態で野球ができなかったわけだから。あとは本人の気持ち次第だから。それで這い上がってきたと思うしかない」と今井の今後に大きな期待を寄せた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI高松宮記念杯競輪】三谷竜生がGI連続優勝
三谷竜生が5月の平塚ダービーに続くGⅠ連続優勝を決め、3つめのタイトルを手にした!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!