• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 甲子園V腕の西武・今井 松坂以来のデビュー戦先発勝利

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園V腕の西武・今井 松坂以来のデビュー戦先発勝利


 2016年の甲子園V腕で西武2年目の今井達也投手(20)が13日のヤクルト戦(メットライフ)でプロデビュー。6回打者24人に112球を投げ5安打1失点(自責0)6奪三振で初勝利を挙げた。ライオンズでのデビュー戦初勝利は1999年4月7日、松坂大輔投手(現中日)以来となった。

 初回から臆することなく最速152キロのストレートを投げ込み、スライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜ、交流戦首位打線に挑んでいった。

 これがデビュー戦とは思えない、憎らしいほど落ち着いたマウンドさばきで4回二死二、三塁のピンチも井野を外角150キロのストレートで空振り三振に仕留め、追加点を許さなかった。

 マウンド上の堂々たるピッチングとは裏腹に、味方の好守に対しては一人ひとり帽子のつばに右手を当て感謝の意を表し、ベンチ前に残ってはハイタッチで先輩野手を出迎えた。今春キャンプ中に未成年での喫煙が発覚し約3か月間の対外試合出場停止処分を受けたことによって得た人間的な成長の跡も随所に見せた。

 その今井の好投に報いるため1点を追う4回裏には外崎が7号同点ソロ、続くメヒアが4号逆転ソロで援護。6回にも3長短打に4四球を絡めて一挙4点。不安なリリーフ陣がしのぎ7—4で逃げ切り。今井にデビュー戦初勝利をプレゼントした。

「落ち着いて投げられました。最少失点で何とか抑えられてよかったです」と、この日の112球を振り返った今井。甲子園Vはダテではなかったことを改めて証明した堂々たるデビュー戦白星だった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!