• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 金本監督は先発陣にハッパも…阪神二軍投手陣は“宝の山”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金本監督は先発陣にハッパも…阪神二軍投手陣は“宝の山”


雨の前にお手上げポーズの金本監督

 セ・リーグ2位ながら借金2と波に乗り切れない阪神だが、他球団にとって選手層の厚さはうらやましい限りのようだ。

 新助っ人・ロサリオが3日に出場選手登録を抹消され、中継ぎ陣のマテオ、高橋聡、石崎らも二軍で調整中。それでもズルズルと順位が落ちていかないのはメッセンジャー、秋山、小野、岩貞の軸4人に加え、藤浪、新人の高橋遥、才木の3人が登録と抹消を繰り返して残り2枠を埋めるほど先発陣が充実しているからだ。現時点ではチャンスに恵まれていないドラ1ルーキー・馬場を筆頭に岩田や青柳らも虎視眈々と一軍昇格を目指して結果を出し続けている。

 そんななか、二軍でくすぶる選手たちに熱視線を送っているのが、他球団の編成担当者たちだ。「ファームにはチャンスさえあれば上で活躍できる選手が何人もいる。西武に行って勝ちまくっている榎田が好例。層が厚い阪神では働く場所がなくても、先発の駒不足に泣いている球団ならば欲しい人材ばかりだ」(あるパ・リーグ関係者)

 3日の西武戦(メットライフドーム)では開幕前のトレードで放出した榎田大樹投手(31)に7回3失点と好投され、白星を献上する屈辱を味わった。球団側は「投手は何人いても多過ぎるということはない。簡単に出すわけにはいかない」(チーム関係者)と“駆け込みトレード”に消極的だが、他球団にしてみれば“第2の榎田”がゴロゴロしている阪神は宝の山に見えるようだ。

 8日のロッテ戦(甲子園)が雨天中止となり、9~17日まで9連戦になることが確定した。金本知憲監督(50)は「やりたかったね。9連戦になるからリリーフが心配。できるだけ先発に長いイニングをいってもらってリリーフをカバーしてもらいたい」と現有戦力に奮起を促したが、打つ手はいろいろありそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!