• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 中日・柳 1か月ぶり2勝目も反省の弁

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中日・柳 1か月ぶり2勝目も反省の弁


亀沢(左)から手荒い祝福を受ける柳

 中日・柳裕也投手(24)が16日の広島戦(ナゴヤドーム)で8回途中2失点の好投で、約1か月ぶりに今季2勝目(3敗)を挙げた。5―2で勝利したチームは、2012年以来となる対広島戦の連勝を5に伸ばした。

 最速142キロながら伸びのある直球と、キレ味鋭いスライダーが冴え、赤ヘル打線から自己最多となる9三振を奪った。それでも2年目右腕は「1勝目を挙げてから間が空いて、ふがいない投球がずっと続いていたので何とか勝ててよかったです。常に勝ちたいという気持ちは持っていたけど、勝ち切れない、勝ちがつかないというのは、自分の実力がないということだと思って取り組んできた」と口から出るのは反省の弁がほとんど。

 4月10日のヤクルト戦で完封勝利を挙げて以降は、4試合に登板して0勝2敗、計15失点と精彩を欠いてきた。しかし、そのうち1試合を除けば試合はつくっており、そこまで悲観することはなく、朝倉投手コーチは「(ここ4試合は)そんなに悪い内容ではなかった」と指摘する。

 さらに中日OBから「柳はここまで勝てずにいたときに『結果を残さないと二軍に落とされてしまう』とずっと発言してきたけど、そんなことを言う立場ではない。二軍に落とされるのは10回失敗してからぐらいだよ。二軍落ちを心配するより、自分がチームを引っ張って絶対勝つという強い気持ちを前面に出してやってほしい」との声が出ている。

 選手会長の福田も「球速がそれほどないのにどの球でも空振りが取れるすごい投手。打者としては本当に嫌な投手なのに」と、もっと自信を持つべきだと訴える。今後の柳に必要なのは優等生発言やネガティブ発言ではなく、超ポジティブ発言ということか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】武田豊樹がドリームレース勝利で生涯獲得賞金15億円突破!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!