• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 大谷“サンデー・翔タイム”で打倒NBA計画 米名物記者がMLB人気再燃の切り札に指名

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷“サンデー・翔タイム”で打倒NBA計画 米名物記者がMLB人気再燃の切り札に指名


「日曜ローテーション固定」を切望する声が噴出している大谷(ロイター=USA TODAY Sports)

 エンゼルス・大谷翔平投手(23)が、MLBを背負って立つ選手として、破格の期待をかけられている。MLBは現在、NBA(バスケットボール)やNFL(アメフット)に人気面で苦戦を強いられているのだが、そんな状況下で出現したスーパースター候補に、米メディアは大興奮。さらなるフィーバー拡大のため「日曜ローテーション固定」を切望する声が噴出している。一体どういうことなのか。

 投手としては13日(日本時間14日)のツインズ戦で6回1/3を3安打1失点11奪三振。今季4勝目はならなかったものの、デビューから6試合(32回2/3)で43奪三振は1962年のボー・ベリンスキーの38奪三振を抜き、エンゼルスの球団記録を更新した。また、初登板から6試合で11奪三振以上を2試合マークした新人は1908年以降では1試合20奪三振のメジャータイ記録を持つ98年のケリー・ウッド(カブス)以来、3人目の快挙となった。

 規格外の二刀流ルーキーは本塁打を打ち、登板するたびにメジャーの歴史を掘り起こすセンセーションを巻き起こし続けているが、その大谷の「スーパースター化計画」が一部米メディアから提唱されている。

 声の主はロサンゼルス・タイムズの名物コラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者(37)。同記者は「開幕からここまで大谷がメジャーの歴史に類のない大活躍をしているのは間違いない。ただ彼を全米規模の大スターに押し上げるには人口密度の高い東海岸のファンにもっとそのプレーを見てもらう必要がある。その意味で今の日曜ローテーションはこのまま固定すべき」と大谷の“サンデー登板”を強く推奨している。

 その理由を同記者は「今のMLBには本当の意味で全国区のスター選手がいない。4大スポーツすべてを合わせたファン投票をした場合、NBAのレブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)を筆頭に10位までの選手をNBAとNFLの選手が独占してしまう。その原因のひとつはMLB全体がその地域限定のローカルスポーツになってしまっていること。NBAのように定期的に全国中継されるスーパースターが不在」としている。

 そこで日本から来た救世主・大谷の登場だ。ヘルナンデス記者は「今の大谷は間違いなく全米中のスポーツファンが見たい対象。その欲求を満たしてさらにファン層を拡大するためには絶対にローテーションを日曜に固定すべき。幸い日曜日のエンゼルス戦はほぼすべて西海岸の午後1時(東部時間は午後4時)開始のデーゲーム。朝、教会に行って午後は大谷を見るという日曜日のサイクルを作ってしまうのはMLBにとってもいいこと。2~3週間前に許可を取って試合を中継するFOXやESPNにとっても予定を組みやすい」。

 ここまで大谷登板試合の全米中継はまだない。一度、FOXスポーツ1が全米中継する予定だった4月15日(日本時間16日)のロイヤルズ戦(カンザスシティー)は猛烈な寒波のため中止に。以後、大谷のローテーションが2試合続けて火曜日となり前回6日(同7日)のマリナーズ戦から2週続けて再び日曜ローテに戻った。全米での認知度をさらに深め「打倒・レブロン」を果たすためにも“サンデー・翔タイム”は必然とヘルナンデス記者は訴えている。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!