• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 広島バティスタ「お好み焼き」ポーズ チーム内では「全然知らなかった」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島バティスタ「お好み焼き」ポーズ チーム内では「全然知らなかった」


打撃練習を行ったバティスタ

 首位をキープする広島の中で、頼もしい働きを見せているのがサビエル・バティスタ外野手(26)だ。右ハムストリング筋挫傷のため離脱中の丸に代わって3番を務め、菊池とともに“キクバティ”コンビで打線をけん引。ここまで3番で9試合に出場して40打数13安打、10打点、5本塁打、打率3割2分5厘と好調だ。

 そんな頼もしいドミニカンが11日の阪神戦(マツダ)で7号ソロを放った時から、新たなパフォーマンスを導入している。両手でお好み焼きをひっくり返すようなしぐさを行い、最後に両腕をクロスさせるもので地元テレビ局の提案で始めたという。広島名物のお好み焼きについてバティスタは「エビとチーズをトッピングしたものが好き。あとマヨネーズをかけるのもいいね」とこだわりを明かす。

 ちなみに両腕で作る「×マーク」はファーストネーム・サビエルの頭文字「X」を表現したもの。本人は「お好み焼き&サビエルポーズ」がお気に入りのようだが、チーム内では「全然知らなかった」「何かやっているみたいですけど、はやるかどうか」という声が多い。それでもドミニカンの活躍次第では日本ハム・レアードの「すしポーズ」のようにブレークする可能性もある。

 本塁打を量産してナインだけでなく、鯉党の心もわしづかみにできるか。新パフォーマンスにも注目だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!