• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 「ON砲」を命名したのは…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ON砲」を命名したのは…


本塁打を打ちまくった長嶋(右)、王のON砲(1963年8月)

【越智正典 ネット裏】来年が「東京オリンピック」という1963年の、長嶋茂雄の開幕戦の打撃はすごかった。

 4月13日開幕の甲子園球場で、タイガースのエース・小山正明から1号、2号。はや2本のホームランを叩き込んだ。

 4月14日は、力投の村山実から第3号。4月16日、広島・弘瀬昌彦から第4号。4月18日、広島の河村英文から第5号。4月22日、大洋の稲川誠から第6号。4月23日、再び阪神・小山正明から第7号…。

「来年は東京(五輪)だ。さあ、行くぞ」と言っていたが、長嶋は5月になってもまだ言っていた。

「バッティングというのは打つことではなかった。ボールをひっぱたくことなんだ。球の行方など知るか! どこへ飛んでいくか、そこまで面倒見きれないよ!」

 いつもの年よりも本塁打のペースが遅かった王貞治が、4月16日の広島戦の大羽進投手からの第1号からホームランのピッチを早めた。

 打ちまくる長嶋茂雄、波に乗った王貞治。巨人は壮絶なホームランチームになった。

 このとき、アメリカではNYヤンキースの3番ロジャー・マリスがホームランを打ちはじめ、ペナントレース終盤に“世紀のホームラン王”ベーブ・ルースの、年60本塁打の大記録を破ることになる熱い戦いを4番ミッキー・マントルと開始していた。

 このとき私は日本テレビにいた。日本テレビのアナウンス部長、赤木孝男には、今日までたくさんの指導をいただいているが、彼はテレビ局勤務の間をぬって、英語学校に通って勉強していた。NYでは両巨砲が、マリス、マントルから「M・Mキャノン」と命名されていたのであった。

 王貞治、長嶋茂雄が打ち出したのは、そのころであった。日本では「デイリースポーツ新聞社」のデスクが「M・Mキャノン」にならって王貞治、長嶋茂雄をあかるくたのしく「ON砲」と命名した。

 私には、この命名に関連してうれしいことがあった。私は実は、長い間、大阪の報知新聞社の南萬満記者がネーミングをしたものだと思っていた。

 あるとき、尊敬する南先輩にばったり逢った。いい機会なので、いわれを聞いた。すると氏は言うのであった。

「私じゃーないですよ。デイリースポーツのデスクの命名ですよ」

 私は南氏を尊敬してきて本当によかったと思った。誠を学んだ。 =敬称略=(スポーツジャーナリスト)

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!