川内パスポート忘れて「自腹80万円」

2013年01月17日 16時00分

【スポーツ情報局】

 

 記者:いや~、頭の中はもうエジプトだったんでしょうね。

 

 デスク:ああ、18日のエジプト国際マラソンに招待で出場する公務員ランナー川内優輝(25=埼玉県庁)のことか。16日の成田空港でパスポートを忘れて予定の便に乗り遅れ、80万円出してチケット買い直したんだってな。しかも本当ならビジネスクラスだったのに、結局エコノミーになってしまって、18日の本番は大丈夫なのか。

 

 記者:まあ体調面では少し影響するかもしれないですけど、集中力は半端ない男ですから。それにしても本人も慌てたでしょうけど、大変だったのは家族ですよ。

 

 デスク:お母さんにパスポート届けてもらったんだって。電車も雪の影響で遅れていたし、駅とかじゃ川内本人より全力疾走したんじゃないか? かわいそうに…。

 

 記者:それだけじゃないですよ。弟で同じランナーの鴻輝によると「何か忘れている気がする」ってずっと言ってたらしいです。だったら真っ先に確認しそうなものですけど、それを忘れるのが川内。優勝しても賞金もないらしいですし、80万円は本当の意味で自腹です。

 

 デスク:高校の事務職員にはキツイ出費だけど、いいお灸になったんじゃないか。エジプト政府や観光局の支援も受けていたし、狭山茶アピールの活動もしなきゃいけなかったからな。気を取り直して、ルクソール市内の世界遺産を楽しみながら走ればいいさ。

 

 記者:そんな“余裕”のある走りができるタイプなら、パスポート忘れないですよ。