「ニューイヤー」も出る!日体大三が日ジャック計画

2013年01月05日 16時00分

「第89回東京箱根間往復大学駅伝競走」は、往路優勝した日体大が最後までトップを譲らぬまま11時間13分26秒で、1983年以来30年ぶり10回目の総合優勝。日体大の松浪健四郎理事長(66)は正月三が日を日体大がジャックする壮大なプランをぶち上げた。「箱根駅伝だけでなく、日体大クラブというOBのチームをつくって、ニューイヤー駅伝に出るというのも面白いと思う。服部君(服部翔大主将=3年)なんて、魅力的な素材ですね」

 

「ニューイヤー駅伝」は、元日に行われる「全日本実業団対抗駅伝」のこと。実業団チームが日本一を争う大会で、箱根駅伝と並び、正月の風物詩となっている。日体大に大学OBによる社会人チームができれば、今大会の山上り5区で快走し“山の星”として注目を浴びた服部のようなタレントが、環境を変えずに競技を続けることが可能になる。選手にとっても魅力的なプランといえそうだ。

 

 もちろん、本大会に出場するためには地方予選会で上位に入り、資格を得なければならない。簡単に実現する話ではないが、日体大としては今後も全国の有望高校生のスカウトに力を入れ“駅伝強国”を作る方針だ。