リオ五輪400Mリレー銀メンバー 御堂筋で本物バトン使用しパフォーマンス

2016年11月16日 15時29分

御堂筋パーティーでリレーを行う飯塚

 20日に大阪市のメーンストリート・御堂筋で行われる「御堂筋オータムパーティー2016(御堂筋ランウェイ)」のメーンコンテンツの一つである「メダリストリレーパフォーマンス」で、リオ五輪陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した日本チームが実際に使用したバトンが用いられることが16日、分かった。御堂筋パーティー2016実行委員会が明らかにした。

 

 当日は銀メダリストメンバーの山県亮太(24=セイコーHD)、飯塚翔太(25=ミズノ)、桐生祥秀(20=東洋大)の3人が参加。ケンブリッジ飛鳥(23=ドーム)は不参加となるが、代わりに北京五輪同リレー銅メダリストの朝原宣治氏(44=大阪ガス)が加わってバトンパスが披露される。

 

 また、イベント開催に先立ち、大阪府公館で18日の1日限定でリレーバトンを一般公開する。