桐生肉離れで世界陸上大ピンチ

2015年06月04日 16時00分

世界選手権は大ピンチの桐生

【スポーツ情報局】

 

 陸上担当記者:やはり健康が一番ですね。東洋大は3日、陸上男子100メートルの桐生祥秀(19)が5月30日の練習中に負傷し、1日に精密検査した結果、右太もも裏の肉離れだったと発表しました。練習再開までに約6週間かかるそうです。

 

 デスク:13日のダイヤモンドリーグ第7戦(米国)は欠場、世界選手権(中国)の代表を決める日本選手権(26~28日、新潟)も「現状の出場は非常に困難な状態」(東洋大)か…。

 

 記者:はい。8月の世界選手権に出るには、参加標準記録10秒16を、その2大会で出さなければなりませんでした。桐生も「普通に走れば出せる」と自信満々でしたが、今回の負傷で世界選手権は大ピンチですね。

 

 デスク:3月に米国で出した9秒87は追い風参考だし、日本陸連の選考基準では、日本選手権に出場することが大前提だし、よっぽどの特例でもない限り厳しいか。2014年の仁川アジア大会(韓国)もケガで欠場しているし、本当に持っていないな。

 

 記者:桐生は、その反省を生かし、冬場に速さとパワーについていけるだけの肉体づくりをしてきましたからね。悔しいでしょうね。当面は無理をせず、しっかり治して2016年リオデジャネイロ五輪に間に合わせてほしいです。