【箱根駅伝】〝すだまさき〟じゃない!順大・津田将希が8区で区間賞「自分のペースで押し切れた」

2022年01月03日 13時06分

順天堂大8区の津田将希(代表撮影)
順天堂大8区の津田将希(代表撮影)

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の復路が3日に行われ、8区は順大の津田将希(4年)が1時間4分30秒で区間賞をマークした。

 3位でタスキを受けると、前を走る駒大の準エース・鈴木芽吹(2年)を12キロ過ぎでとらえる。そのまま一気に差を広げ、9区の野村優作(3年)につないだ。

 20年ぶりとなる順大の8区区間賞をもたらし、レース後は「最初は駒大の鈴木選手にリズムをもらいながら走れて、途中から自分のペースで押し切れたかな」と充実の表情。長門俊介監督からは「『区間賞と区間2位じゃ大違いだぞ』と声を掛けられた。うれしいです」と猛ゲキに奮起した。トップ3を目指す中、後続の走者には「野村に勝負できる位置でつなぎたかった。その役割が全うできた。9区の野村、10区の近藤(亮太、4年)は調子がいいので安心して見られます」と大きな期待を寄せた。

 その鮮烈な走りに、一時はツイッターのトレンドワードに一文字違いの人気俳優・菅田将暉が上がったほど。残したインパクトは大きかった。

関連タグ: