【全日本大学駅伝】駒大が2連覇 7区田沢で逆転、8区花尾が振り切る

2021年11月07日 13時34分

駒大の大八木弘明監督
駒大の大八木弘明監督

 全日本大学駅伝(名古屋・熱田神宮~三重・伊勢神宮間、8区間106・8キロ)が7日に行われ、7区で首位に躍り出た駒大が2年連続14度目の優勝を果たした。

 駒大は鈴木芽吹(2年)がケガの影響でメンバーから外れるなど、主力を欠いた中での一戦。6日の会見で大八木弘明監督は「今年はベストメンバーでは臨めなかったところもある。1位に近い3位を狙って頑張りたい」と弱気な発言をしていたとはいえ、やはり勝負師は必勝プランを描いていた。

 3区終了時点で11位と苦しんだものの、後半勝負のキーマンとして7区で起用したエース・田沢廉(3年)が「エースらしい走りをしようと思った」と、日本人選手初となる50分台となる50分36秒の好タイムで区間賞を獲得。7区終了時点で青学大に18秒差をつけて首位に躍り出た。

 8区では花尾恭輔(2年)が青学大の主将・飯田貴之(4年)に8キロ過ぎで並ばれたが、18キロ手前でロングスパートを仕掛ける。飯田も必死に食らいつくも、花尾は笑顔でフィニッシュテープを切った。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ