【全日本大学女子駅伝】名城大が史上2校目の5連覇 区間新の高松「全員の思いを込めた」

2021年10月31日 14時41分

 全日本大学女子駅伝(弘進ゴムアスリートパーク仙台発~仙台市役所前着、6区間38・1キロ)が31日に行われ、名城大が2時間2分59秒(速報値)で優勝。2011~15年の立命館大以来、史上2校目の5連覇を達成した。

 一度も先頭を譲らない圧巻のレース運びだった。名城大は1区の山本有真(3年)が日体大の保坂晴子(2年)とのスパート合戦を制して区間賞を獲得すると、2区の高松智美ムセンビ(4年)が自らの区間記録を更新。「主将・和田(有菜、4年)の思いや22人全員の思いを込めたタスキを1番で持ってくることができてうれしい」と声を弾ませた。

 3区の和田は「この1年日本一の主将になるって思いでやってきた」と区間賞の走りで後続との差を広げ、4区の谷本七星(1年)も区間新記録の好走。「みんなの1秒だと思って最後削り出して、1秒だけですけど更新できたのは、みんなのおかげだと思う」と笑みを浮かべた。

 5区は1万メートル日本学生記録保持者の小林成美(3年)が区間3位にまとめ、6区の増渕祐香(2年)が区間新記録でフィニッシュ。チームメートが笑顔で迎えた。

関連タグ:

ピックアップ