ケニア全土に衝撃!東京五輪4位の陸上女子選手が刺殺される 夫による犯行か

2021年10月14日 13時56分

亡くなったアグネス・ティロップさん(ロイター)
亡くなったアグネス・ティロップさん(ロイター)

 ケニア陸上競技連盟(AK)は現地時間13日、東京五輪の陸上女子5000メートルで4位入賞を果たしたアグネス・ティロップさんが自宅で殺害されたと発表したことを受け、ケニア中で波紋が広がっている。

 AKによると、ティロップさんは高地トレーニングの拠点としていた西部イテンの自宅で刺されて死亡したという。夫が犯行をほのめかしており、警察が詳しい捜査を進めている。

 ティロップさんは2017年、19年世界選手権1万メートルで銅メダルを獲得。先月にはロードレース(10キロ)で世界記録を更新するなど、期待の有望株だった。AKは「国際舞台で成長している宝石を失った」と追悼の意を示した。

 同国の複数メディアによると、ケニヤッタ大統領は「私は国家警察が率いる法執行機関に、ティロップさんの殺害に責任のある犯罪者を追跡して逮捕し、彼らが法に全力で立ち向かうことができるようにすることを要請する」と指示した上で「25歳の若さで、今年を含む世界の陸上競技の舞台での功績によって私たちの国に多大な栄光をもたらした若くて有望なアスリートを失ったことは、不幸で、非常に悲しいこと」とコメントした。

 次世代のヒロインの訃報を、ケニアの各メディアも速報で報道。同国メディア「キャピタル・スポーツ」は「家族、友人、親戚、そして陸上競技の友愛への哀悼の意を込めたメッセージの中で、ケニヤッタ大統領はケニアの英雄とチャンピオンとしてティロップさんを悼んだ。その死は国のスポーツの野心とプロフィールに大きな打撃を与えた」と大々的に伝えた。

関連タグ:
 

ピックアップ