【陸上】アンカーの小池祐貴 決勝も仲間を信じて走る「ゴールしたら『何位だった?』みたいな」

2021年08月05日 14時54分

小池祐貴
小池祐貴

 東京五輪陸上男子400メートルリレー予選(5日、国立競技場)、日本は多田修平(25=住友電工)、山県亮太(29=セイコー)、桐生祥秀(25=日本生命)、小池祐貴(26=住友電工)の順で臨み、38秒16の1組3着で決勝進出を決めた。

 アンカーを務めた小池は「後ろが桐生君なのでどれだけ思いきり出ても絶対渡してくれるだろうなと。そんなにプレッシャーに感じず、安心して待って思いきり走るだけだった」と振り返った。また、この日はよろけるシーンがあったが「そういうところも含めてまだ余裕があるレースだったのかなと思います」と前向きに捉えていた。

「僕は後ろの人たちのことを信じて思いきり走るだけ。余計なことを考えず、ゴールしたら『何位だった?』みたいな。夢中になって走れればいい」と小池。決勝でもアンカーを務めることになれば、仲間に全幅の信頼を置くだけだ。

関連タグ:

ピックアップ