【陸上】多田修平「予選が一番緊張…」 リレー決勝レースは「周りを気にせず自分のペースで」

2021年08月05日 14時24分

多田修平
多田修平

 東京五輪陸上男子400メートルリレー予選(5日、国立競技場)、日本は多田修平(25=住友電工)、山県亮太(29=セイコー)、桐生祥秀(25=日本生命)、小池祐貴(26=住友電工)の順で臨み、38秒16の1組3着で決勝進出を決めた。

 1走を務めた多田は「決勝につながる最低限の目標は達成できた」とホッとした様子。海外勢も同じ環境ながら、直前には「めちゃくちゃ暑くて(笑い)」と、スタートラインに水をまく場面も見受けられた。

「予選が一番緊張する」と話すように、1本走り終えて次第にリラックスした表情になった多田は「リレーの感覚がある程度よみがえってきた。決勝は自信を持って挑めると思う」ときっぱり。

 決勝に向けては「リレーは何が起こるか分からない。自分たちのやることは走りに集中して、もっといいバトンをすることが一番なので、周りを気にせず自分のペースでいきたい」と力強く語った。

関連タグ:

ピックアップ