【陸上】男子400メートルリレーは3位で決勝進出! 山県亮太は「一本走って楽になった」

2021年08月05日 12時01分

予選を2位通過したリレー侍(ロイター)
予選を2位通過したリレー侍(ロイター)

 東京五輪陸上男子400メートルリレー予選(5日、国立競技場)、日本は多田修平(25=住友電工)、山県亮太(29=セイコー)、桐生祥秀(25=日本生命)、小池祐貴(26=住友電工)の順で臨み、38秒16と予選1組3着で決勝進出を決めた。

〝リレー侍〟が表彰台へ望みをつないだ。2008年北京五輪、16年リオデジャネイロ五輪銀の日本が目指すのは初の金メダルだが、100メートルでは多田、山県、小池の3人が予選敗退。海外スプリンターに圧倒され、心身の立て直しが不安要素となっていたが、この日は各ランナーが安定した走りとスムーズなバトンパスを見せた。

 多田は「自分のレーンだけ見て集中していた」と話し、桐生は「一本、走れて大きな収穫だった」、小池は「自分走りができた」とコメント。チーム最年長の山県は「一本目だったのでどうなるかと思ったが、1本走って楽になった」とし、決勝(6日午後10時50分、国立競技場)に向けて「チーム一丸でベストレースをしたい」と意気込みを語った。

関連タグ:

ピックアップ