【陸上】「自分のレースを」桐生祥秀 五輪テスト大会でガトリンと対決

2021年05月08日 17時20分

桐生祥秀
桐生祥秀

 陸上の男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀(25=日本生命)が〝自分の走り〟で実力者に挑む。

 先月29日に行われた織田記念国際(エディオンスタジアム広島)の決勝では10秒30で3位に入ったが、当の本人は不満顔。8日のオンライン取材では「1週間前(織田記念国際)に試合をして、いろいろ課題もあったので、克服してパワーアップした姿を見せたい」と話した上で「まだスピード練習が足りていないので、これから入れていきたい」と展望を口にした。

 東京五輪テスト大会(9日、国立)の男子100メートルには、2017年世界選手権同種目金メダルのジャスティン・ガトリン(39=米国)と対戦予定。「金メダリストと走るのは久しぶりだが、相手が誰であろうとしっかりと自分のレースをすれば、結果につながると思う」と気合は十分だ。

 かつて「僕はまだ個人ではメダルを取っていないので、取れるように頑張りたい」と語っていた桐生。個人種目での表彰台へ、己の道を突き進む。

関連タグ: