【陸上】独走Vも悔し涙の松田「不甲斐ない走りで申し訳ない」 

2021年03月14日 12時27分

松田瑞生
松田瑞生

 名古屋ウィメンズマラソン(バンテリンドームナゴヤ発着)が14日に行われ、東京五輪女子マラソン補欠の松田瑞生(25=ダイハツ)が2時間21分51秒(速報値)で初優勝を果たしたが、レース後には大粒の悔し涙がこぼれ落ちた。

 今大会は「過去の自分を超える」を目標にスタートラインへ。昨年1月の大阪国際女子マラソンでマークした自己ベスト(2時間21分47秒)の更新を目指したものの、4秒届かなかった。「去年の自分を超えられず、不甲斐ない走りで申し訳ございませんでした」と顔をしかめた。

 昨年は東京五輪代表の座を逃し、どん底を味わった。「競技を続けなかったらよかったなと思った日々が続いたが、たくさんの方々の応援や励ましがあって今の私がいる。本当に感謝しています」と頭を下げた。

 今後に向けては「また最高の笑顔を届けられるように頑張ります。万全な態勢でまだまだもっと練習を積んで、自信を持ってスタートラインに立って、日本記録への挑戦を諦めずに挑戦し続けたい」と力強く決意した。

関連タグ:

ピックアップ