【陸上】名古屋ウィメンズマラソン 松田がリベンジV 

2021年03月14日 11時51分

松田瑞生
松田瑞生

 名古屋ウィメンズマラソン(バンテリンドームナゴヤ発着)が14日に行われ、東京五輪女子マラソン補欠の松田瑞生(25=ダイハツ)が2時間21分51秒で初優勝。ゴール後には思わず涙がこぼれた。

「今回のレースは過去の自分を超えて優勝する」と意気込んでいた松田は、序盤からペースメーカーの選手を追い抜こうかという勢いで疾走。想像以上のハイペースに、13キロ付近で先頭集団のペースメーカーが1人になるという異例の展開となった。

 そんな中、前回大会5位の佐藤早也伽(26=積水化学)が中間点付近まで松田に食らいついたが、22キロ過ぎからは松田の独走態勢に。後続との差をみるみる広げる。後半は「自分の持っている力を発揮したい」との言葉通り、今大会特有のビル風を受けながらも、粘り強い走りを見せた。

 昨年1月の大阪国際女子マラソンでは2時間21分47秒の好タイムをマーク。しかし、代表入りを逃し「スタートラインに立つことが怖くなった」とどん底を味わった。だからこそ、勝ちにこだわったレース。尾張路で復活を印象づける力走となった。
(記録は速報値)

関連タグ:

ピックアップ