【箱根駅伝】創価大・10区小野寺に励ましの声多数「大感動をありがとうございます」

2021年01月04日 11時10分

創価大の小野寺勇樹

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の最終10区で大逆転を許した創価大・小野寺勇樹(3年)に励ましの声が多く集まっている。

 創価大は9区終了時点で2位駒沢大に3分19秒差をつけていた。ところが、小野寺が思うような走りができず、残り2キロ付近で捉えられ、総合優勝を逃した。しかし、寮内でレースを見つめていた仲間たちは、最後まで笑顔を見せながら拍手やピースサインで小野寺の頑張りをたたえた。

 小野寺は自身のツイッターに「ごめんなさい。全部受け止めて来年強くなって戻ってきます。これからもどうか創価大学の応援よろしくお願いします」と謝罪したが、ネット上では「恐らく脱水の中であの抜かれ方はつらかったやろうけど、走りきれたことが素晴らしいと思います」「本当に本当に大感動をありがとうございます」などと称賛が相次いだ。

 悔いの残る結果となったものの、榎木和貴監督(46)は「今日の悔しさを一生忘れることなく、今後の競技人生に生かして欲しい。卑屈になることはない。堂々として欲しい。この経験があったからこそ、将来の小野寺があったと言えるように生かして欲しい」とエールを送った。

 小野寺はまだ3年生。来年こそはリベンジなるか――。