【箱根駅伝】駒沢大が大逆転で13年ぶり7度目V 2位に創価大、3位は東洋大

2021年01月03日 17時01分

駒沢大学のアンカー石川は3分19秒差をひっくり返した

 第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の復路が3日に行われ、駒沢大が大逆転で13年ぶり7度目の優勝を果たした。2位は創価大、3位は東洋大が入った。

〝逆転の駒沢大〟は健在だった。9区鶴見中継所を通過した時点で、首位を走っていた創価大との差は3分19秒。勝負は決したかに思われた。

 しかし、2位でタスキを受けた10区石川拓慎(3年)が創価大の小野寺勇樹(3年)を猛追。「15㌔付近で給水をもらったときに、いつもだったらキツくなるのに動けていて、これは可能性があるなと思った」とみるみる差を縮める。そして「20㌔地点でアームウオーマーを外したときに、目の前に(創価大が)いたのでいけると思った」とギアチェンジ。20・9キロ過ぎで捕らえ、そのままトップで大手町に飛び込んだ。

 名将・大八木弘明監督(62)のゲキは、効果抜群だった。6区区間賞の花崎悠紀(3年)は「(終盤でも)監督から声を掛けてもらったら体が動くと思った。監督にゲキを飛ばされるのが結構うれしい(笑い)」と言えば、10区区間賞の石川も「力になるのはそうだが、オンとオフの切り替えにもなる。ゲキが入った瞬間に動きは変わる」とニヤリ。愛のムチがここ一番で選手たちを後押しした。

 今大会は出走したメンバーのうち、9人が3年生以下で構成された若いチーム。来季以降も高いレベルの戦力で大会へ挑むことができるだけに、指揮官は「それこそ3大駅伝(出雲、全日本、箱根)は取りに行きたい感じはする」ときっぱり。

 平成の時代に輝きを放った名門がようやく復活。次は〝令和の常勝軍団〟へ。新たな挑戦が今始まる――。