〝山の神〟神野大地 創価大の強さの秘密明かす「早さだけでなく強さが身につく」

2021年01月03日 13時35分

神野大地

 プロランナーの神野大地(27=セルソース)が3日、ツイッターを更新。第97回箱根駅伝で鮮烈な印象を残した創価大の〝強さの秘密〟を明かした。

 神野は2015年、青山学院の5区を走って区間新記録を打ち立て〝三代目山の神〟と呼ばれた。卒業後は実業団の強豪・コニカミノルタで活躍。その後、退社してプロになった。

 神野は実業団時代、創価大に世話になったという。「創価大学のグランド、コニカ時代の時に良く貸して頂いててましたが」と感謝すると「トラックの周りにクロカンもあって、でも八王子は風も強く、寒さもあり、まわりはアップダウンばかり」と抜群の練習環境があると説明。

「だからこそ速さだけではなく、強さが身につくんだと思います」と、出場4年目で準優勝した創価大の強さの秘密について言及した。創価大は復路10区の最後の最後に駒大に抜かれて優勝をさらわれたものの、ゴール1キロ前までトップを独走した。