【箱根駅伝】関東学連が「応援に関するお願い」を発表 

2020年12月01日 18時10分

今年の「箱根駅伝」も沿道で大勢のファンが熱戦を見守った(代表撮影)

 箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟(関東学連)は1日、第97回大会(来年1月2、3日)を前に「応援に関するお願い」を発表した。

 新型コロナウイルス感染防止対策として、かねて観戦自粛を呼び掛けていることから「第97回大会はスタート・フィニッシュ地点および各中継所、コース沿道での応援、観戦はお控えください。テレビなどでの応援、観戦をお願いします」。「大学関係者、OB・OG・同窓会組織など卒業生の方や、選手のご家族の沿道での応援や観戦もご遠慮ください」。「コース沿道での場所取りはご遠慮ください。確認された際には、撤去させていただく場合があります」などと注意を促した。

 例年は1月2日の往路、1月3日の復路で合わせて約100万人の観衆が声援を送っていたものの、今大会は沿道から声援が聞こえない異例のレースになりそうだ。