【セイコーGGP】田中希実が1500メートルで日本新記録「うれしくて安心しています」

2020年08月23日 19時13分

田中希実

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(23日、東京・国立競技場)、女子1500メートルは田中希実(20=豊田自動織機TC)が4分5秒27で14年ぶりに日本記録を更新した。

 2006年に小林祐梨子が記録した4分7秒86を2秒以上縮めた田中は「無我夢中だったのでレース自体は記憶にないんですけど、走り終わってみたら日本記録を出せていた。うれしくて安心しています」と振り返った。

 また、〝前日本記録保持者〟と言葉を交わす機会があったことを明かし「祐梨子さんとお話して、改めて日本記録を出したいという気持ちも強まった。今日は不安がある中で力を出すことができたので、そのうれしい気持ちを祐梨子さんに伝えたいなと思っています」と笑顔を見せた。

 田中は先月8日のホクレンディスタンス深川大会女子3000メートルで8分41秒35をマークし、18年ぶりに日本新記録を樹立したばかり。また、1年延期となった東京五輪女子5000メートルの参加標準記録を突破しており、今後に期待がかかる。