【箱根駅伝】予選会は立川駐屯地の周回コースで開催

2020年08月11日 17時18分

 毎年、お正月に開催されている東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)を主催する関東学生陸上競技連盟は11日、箱根駅伝の予選会を10月17日に東京都の陸上自衛隊立川駐屯地の周回コースで開催すると発表した。

 新型コロナウイルス感染防止のためにコースを変更。無観客開催となり、大学関係者と競技運営者のみで実施し、距離はハーフマラソンのままだが、記録は非公認となるという。その上で同連盟は「今後の社会情勢を変化や有事が発生した際には、会場の変更や大会が中止になる可能性もございます」と説明した。

 大学三大駅伝の一つで10月に開催予定だった出雲全日本大学選抜駅伝がボランティアの確保が難しいことなどを理由に中止となっている。