【陸上】桐生祥秀 自らの走りをユーチューブに即投稿 視聴者の反応も上々

2020年08月10日 18時57分

200メートルでも好タイムを出した桐生(提供写真)

 陸上男子短距離の桐生祥秀(24=日本生命)が10日、記録会「IWAKABE TIME ATTACK」(埼玉・熊谷)で200メートルに出場し、20秒51(追い風1・4メートル)をマークした。

 昨年の日本選手権以来となった同種目のレースは自己ベスト(20秒39)に及ばなかったものの1位でフィニッシュ。レース後は自身のユーチューブに動画をアップし「今日はケガなく終わってよかったですね」と充実の表情で振り返った。

 そんな動画の内容は200メートルを終えての感想とレースの模様だったが、アップから約1時間で2000回近く再生された。

 また、コメント欄には「すごく速くてフォームが綺麗だからかっこいい」「今シーズンが楽しみ」といった声から「こんなに早く結果と本人の総括を見られるのは最高」との意見もあり期待値の高さを感じさせた。

 次戦はセイコーゴールデングランプリ(23日、国立競技場)に〝本職〟100メートルで出場予定の桐生。ファン注目のレースでどんな走りを見せるのか。