【名古屋ウィメンズマラソン】一山が五輪切符ゲット「代表としてカッコいい走りがしたい」

2020年03月08日 17時01分

優勝した一山麻緒(左)と永山忠幸監督

 女子マラソン五輪代表最終選考レース「名古屋ウィメンズマラソン」が8日、ナゴヤドーム発着で開催され、一山麻緒(22=ワコール)が2時間20分29秒で優勝し、五輪切符を手にした。

 今大会では、1月の大阪国際女子マラソンで優勝した松田瑞生(24=ダイハツ)の2時間21分47秒が設定タイムとされた。これを突破した上で日本人最上位に入ることが代表入りの条件だったが、小雨の中、招待選手最年少の一山が見事な走りを見せた。

 序盤から先頭集団でレースを引っ張り、30キロ手前で飛び出すと、そのままぐんぐんペースを上げ一人旅に。そのまま他を寄せ付けない走りでフィニッシュした。

 2003年1月の大阪国際女子マラソンで、野口みずきさん(41)が記録した2時間21分18秒を上回り、日本女子選手の国内最高記録のおまけつきで代表内定を決めた。

 一山は「夢みたい。自分がしたいって思った走りが、イメージ通りにできた」と笑顔で振り返り、五輪に向けて「もう一段階、質の高い練習をして、代表としてカッコいい走りがしたいです」と意気込んだ。