【陸上世界選手権】未明スタート女子マラソン 谷本が7位入賞

2019年09月28日 12時00分

7位に入賞した谷本(ロイター)

【カタール・ドーハ27日(日本時間28日)発】陸上の世界選手権がハリファ競技場で開幕。午前0時(日本時間28日午前6時)過ぎにスタートした女子マラソンはルース・チェプヌゲティチ(25=ケニア)が2時間32分43秒で優勝した。

 日本勢は谷本観月(24=天満屋)が2時間39分9秒で7位。日本勢として2大会ぶりの入賞を果たした。

 中野円花(28=ノーリツ)は2時間42分39秒で11位。池満綾乃(28=鹿児島銀行)は途中で棄権した。

 暑さを考慮して真夜中のスタートとなったものの、気温30度で湿度も90%超。過酷なコンディションに棄権者が続出し、車いすで運ばれるという異様な光景が見られるレースとなった。