男子100メートル・桐生 勝負曲のこだわり

2019年06月18日 16時30分

桐生はロバート・秋山(中)、綾瀬はるか(右)とともに聖火ランナー募集をPR

 陸上男子100メートルで日本歴代2位の記録(9秒98)を持つ桐生祥秀(23)が17日、都内で所属の日本生命が開いた聖火ランナー募集発表イベントに出席した。

 同じくイベントに登場した「ゆず」の曲でレース前のモチベーションを高めているようで「いつも『栄光の架橋』を聴いている」と明かした。選曲のタイミングにもこだわっており、あえて普段は流さず「絶対に試合の時だけに聴こうと。そうやって“試合感”を出している」と独自のルーティンがあるという。

 24日から公開される聖火ランナー募集の新CMにはゆずの「SEIMEI」が起用される。これには「五輪が近づいてくるなと。また違う感じで聴けるかな」と新曲に胸を躍らせた。日本選手権(27日開幕、博多)では、全米大学選手権100メートル決勝(7日)で9秒97を出して桐生の記録を破ったサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)との「9秒台対決」が期待されるが、お気に入りソングの力を借りて“栄光のレース”を狙う。