プロ転向のマラソン・川内優輝「可能性にワクワクしている」

2019年04月02日 18時25分

シューズを贈られた川内優輝

 1日にプロに転向した男子マラソンの川内優輝(32)がアシックス社とアドバイザリースタッフ契約を結び、2日、都内で会見を開いた。

 契約に至った経緯について学生時代から同社のシューズを愛用してきた信頼と、スポンサーとしてグローバルな活動をしている点を挙げ「今までは自費購入だったので、もったいないというか、なかなか最新のものに手が出せなかったが、これからは気づかなかったような発見があるかも。国際大会でのサポートもしていただけると思った」と語った。

 埼玉県庁で働く“公務員ランナー”として名をはせた川内だが、これからは、あいおいニッセイ同和損保所属のプロランナー。「仕事をしていた時間を練習や治療に充てられるのは大きい。高冷地での合宿もできるようになる。可能性にワクワクしている」と笑顔を見せた。

 川内は同社のシューズ、スポーツアパレル開発面でのアドバイスや、PR活動に協力していくという。