瀬古利彦氏 箱根駅伝100回大会で「全国の大学も出そうかという噂はある」

2019年01月04日 14時19分

瀬古氏

 4日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は箱根駅伝を特集した。

 番組には、日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦氏(62)が生出演。取材生活30年のテレビ朝日解説委員・玉川徹氏から「関西の大学、全然、出てないなと思って。どうなってんだこれと思ったんですね」と初歩的な質問を受けた。

 瀬古氏は「ど素人ですね」と玉川氏の常識欠如に苦笑しつつ、5年後の100回大会で出場枠を他大学に広げる噂に言及。

「今回95回ですよね。100回を記念して全国の大学も出ようか、という噂はあります」と話した。

 関西の大学には箱根駅伝への出場資格がないことから関西や九州の有力高校生は、揃って関東の大学に進学している現状に触れ、地方陸上の活性化について「弱くなりますよね」と憂慮。

「これだけテレビで2日間やってもらえるというのは大学にとっても宣伝になる。視聴率30%ですよ。すごいですよね。東洋大学の山の神、柏原(竜二)選手ですか。(活躍によって)受験者が1万人増えたと聞いたことはあります」と大学への箱根効果も挙げて、関東以外の大学への門戸開放に議論の余地があることを示唆した。