DeNA 4番ブランコ、5番ラミレスを早くも発表

2013年02月09日 10時55分

 DeNAの中畑監督が8日、早くもチームの今季クリーンアップを発表した。

 

 この日から昨季の4番ラミレスが一軍練習に参加。打撃練習では63スイング中、左翼方向に3本の柵越えを放った。一方、隣のゲージでは中日から新加入のブランコがバックスクリーン越えの150メートル弾を含め73スイング中14本。左中間からセンター方向に快音を連発させた。

 

 練習を見守った指揮官は「ラミレスはブランコと並べば比較される。ラミレスは(走者を)確実に返す方に方向転換した方がいい。5番(打者)として、ブランコの後ろを打つのはオレしかいないぐらい思ってくれたら」と3番モーガン、4番ブランコ、5番ラミレスのオーダーを明言した。

 

 ラミレスは「(打順は)4番でも5番でも気にしていない。どちらでもしっかりした数字を残したい。目標は打率3割、本塁打25~30本、100打点」と不満はない様子。今季のDeNAは新旧助っ人による破壊力抜群のクリーンアップで最下位脱出に挑む。