藤浪デビュー戦で「さかなクン対決」か

2013年02月11日 16時00分

藤浪(右)と小豆畑

 阪神の注目ルーキー・藤浪晋太郎投手(18=大阪桐蔭)のデビュー戦をめぐって、とんでもない“陰謀”が企てられている。画策しているのは3月29日からの開幕カードで対戦するヤクルトだ。エースとなることが宿命づけられている若虎の船出にケチをつけようとする悪だくみ――。その一部が明らかになった。

 

 期待のルーキーは連日、順調にメニューを消化しており、開幕ローテーション入りも現実味を帯びてきた。開幕2戦目のヤクルト戦(神宮、3月30日)という早期デビューの可能性もある。

 

 ところが、その相手となるヤクルトサイドが「金の卵の船出を茶番にして出バナをくじいてやるよ」と不穏な笑みを浮かべている。あるヤクルト関係者が打ち明けた「茶番計画」の概要は次の通りだ。

 

「詳しくは言えないが、藤浪が来るであろう第2戦の先発に村中をぶつける。今、ウチで『藤浪が村中に顔、姿も歩き方もそっくり』と話題になっているんだ。村中は顔がタレントのさかなクンと似ていてあだ名もさかなクンなんだけど首脳陣も乗り気で『さかな対決だ』と盛り上がってる。こっちは本気」

 

 何と大注目のゴールデンルーキーのデビュー戦を“おちゃらけ企画”と化してしまうことを計画しているのだ。

 

 悪ノリは現場にとどまらない。前出の関係者は「さかなクン本人にも始球式などで来ていただくことを考えています。村中も『負けたら“球界のさかなクン”の座を譲る』くらいの覚悟を持たせる。“さかなクン対決”で盛り上げていく」と営業サイドも協力して球場全体に「おちゃらけムード」を充満させようとしている。

 

 もちろん阪神サイドは全面拒否だ。虎の将来を背負う金の卵を悪ふざけのネタにされてはたまらない。阪神関係者は「村中と藤浪は似ていない。さかなクンとも断固、似ていない」とソックリ説をキッパリ否定。ヤクルトの悪ノリ企画についても「やめてほしい」と拒絶反応を示している。

 

 記念すべきデビュー戦で敵にこんな計画を画策されるのも注目度、実力ともに並のルーキーではないということの証明だが、藤浪にとっては迷惑千万な話だ。