高梨沙羅 自身の写真展に「恥ずかしいけど歴史を振り返られた」

2018年03月29日 11時36分

サプライズケーキに笑顔の高梨

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(21=クラレ)が29日、セブン&アイ・ホールディングスが東京・六本木ヒルズで開催する高梨沙羅写真展カフェ「SARA’S PROGRESS」のオープニングイベントに登場した。

 写真展は4月4日まで1週間限定で開催。高梨の成長をたどった70枚以上の写真が展示される。また、スキージャンプをVRで体験できるコーナーもある。

 高梨は白シャツに黒のパンツ姿の“店員コスプレ”で登場。「カフェ店員風のお洋服を着させていただきました。すごくスタイリッシュな感じ。新鮮な気持ちです」と笑顔を浮かべた。

 写真展はイベント前に観賞。「恥ずかしい気持ちもあるんですけど、小さいころの歴史を振り返られたので楽しかったです」と語った。

 また、男女を通じてW杯歴代単独最多の通算55勝を記念して、特大のサプライズケーキをプレゼントされた高梨は「すごくうれしい」と大感激だった。