カーリング「混合ダブルス」初V フジヤマペアに過酷日程問題

2018年03月19日 16時30分

 カーリングの「日本混合ダブルス選手権」最終日(18日、青森・みちぎんドリームスタジアム)、藤沢五月(26=LS北見)、山口剛史(33=SC軽井沢)組が決勝でチーム平田を9―2で下し、初優勝を飾った。平昌五輪の男女代表同士がペアを組んだ「フジヤマ」は実力を見せつけたが、今後に向けては“日程問題”が浮上している。

 予選リーグを6戦全勝の圧倒的な強さで勝ち上がってきたフジヤマの勢いは、同僚の「てっちな」(吉田知那美、清水徹郎)にも止められなかった。準決勝の最後は藤沢のトリプルテークアウトが決まって10―7。勝利の立役者は「久々に緊張感のある試合ができた」と振り返った。決勝でも実力者ペアを圧倒し、無敗で頂点に立った。

 これによりフジヤマは4月21日開幕の世界選手権(スウェーデン)出場が決定。一方で同時期に、平昌五輪銅メダルのLS北見はカナダ合宿を行う。期間中にはワールドツアー2試合に出場するが、藤沢は少なくとも日程が重なる1試合は欠場となる。

 チーム内では今大会の前に話し合いを済ませており、リードの吉田夕梨花(24)は「残った選手でチームを守ります」。リザーブの本橋麻里(31)が藤沢の代役を務める見通しだ。

 平昌五輪で出番がなかった本橋の活躍にも注目が集まりそうだが、気になるのはパシフィックアジア選手権日本代表決定戦(5月18日~)への影響。藤沢、山口ともに大事な試合を前に、チームを離れることになる。

 山口を本紙が直撃すると「影響? ボクは特にないと思います。五輪は特別でしたけど、日本選手権の前でも集中的にチーム練習するのは10日ぐらいですから」。SC軽井沢の場合、普段は個人練習が中心。チームが集まるのは週に2回程度だという。

 代表決定戦はパシフィックアジア選手権だけでなく、来年の世界選手権にもつながる大一番。カーリング人気をけん引することになった両チームだけに、山口の言葉通り、万全の状態でのプレーが期待される。