【カーリング】山口剛史&藤沢五月の愛称やっと決定「フジヤマ」

2018年03月17日 16時30分

 カーリングの「日本混合ダブルス選手権」3日目(16日、青森・みちぎんドリームスタジアム)、大会も残すところあと2日という段階で、いまさらながら…平昌五輪代表の女子・LS北見、男子・SC軽井沢のメンバーがペアを組んだ3チームの愛称が本人たちによって決まった。

 この日、А組でチーム東京を12―2で下し、5戦全勝とした藤沢五月(26)、山口剛史(33)の藤沢山口は「フジヤマ」に決定。富士山をイメージさせる愛称を決めた山口は「日本一を目指します」と力強く宣言した。藤沢も「この大会中に(ダブルスが)うまくなっている実感がある」と手応え十分に優勝を誓った。

 一方、B組の吉田・清水(吉田知那美、清水徹郎)は優勝経験のある竹田・竹田に敗れて3勝1敗。吉田知は「私たちは『てっちな』って呼んでます」と明かした。

 C組のチーム吉田・両角(吉田夕梨花、両角友佑)は初戦黒星から巻き返し、勝利を重ねて4勝1敗と上り調子。愛称は吉田夕の提案で「ユリモロ」に決まった。

 予選リーグは17日に終了し、18日は各組首位の3チームとプレーオフを勝ち上がった1チーム、計4チームによる決勝トーナメントが行われる。優勝すれば、4月の世界選手権(スウェーデン)に進むが、Vを逃した急造チームはひとまず解散。この日決まった愛称を使い続けるのは、どのペアになるのだろうか?