【カーリング】藤沢五月に温泉問題?!

2018年03月16日 16時30分

 カーリングの「日本混合ダブルス選手権」(青森・みちぎんドリームスタジアム)で15日、LS北見の藤沢五月(26)とSC軽井沢の山口剛史(33)の「藤沢山口」が2連勝で、通算成績を4戦全勝とし予選リーグA組の首位に立った。

 初日に続いて10―3、11―1と2試合に大勝した藤沢は「負けているときに冷静にできるかはまだ分からない」。今後の競った試合でも、これまで通りのプレーをすることを課題に挙げた。

 今大会にはトレーナーは同行しておらず体のケアは自ら行っている。「ストレッチポールなどを持ってきています。あとは温泉に頼ってますね」(藤沢)。意識的に普段より長めに入浴しているという。ただし選手たちが宿泊するホテルは「大浴場の利用時間が決まっていて、一番遅い午後8時開始の試合が終わった後だとギリギリみたいです」(大会関係者)。

 この日は「藤沢山口」とB組で3戦全勝の吉田・清水(吉田知那美、清水徹郎)が午後8時からプレー。「今日は(温泉に)入れます(笑い)」(吉田知)と揃って足早に会場を後にした。