【東京五輪マスコット決定】作者はフリーデザイナー「妻を回らないすしに連れていきたい」

2018年02月28日 15時57分

喜びを語った谷口亮さん

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は28日、都内で大会マスコットを発表した。

 昨年8月、一般公募により集まった2042作品の中から、マスコット審査会が3作品(ア案、イ案、ウ案)まで絞り込み、全国の小学生がクラス単位で投票。この日の発表直前に最終集計された結果、10万9041票(総投票数20万5755票)を獲得したア案に決定した。

 マスコット審査会の生駒芳子副座長は「かわいいし、かっこいい。伝統と未来を感じさせて、今の日本にピッタリだと思う。専門家が選ぶという選択肢もあったが、やはり未来をつくっていくのは子供たち。そういう意味でも大変素晴らしい決定だった」と語った。また、組織委員会の森喜朗会長も「子供たちが大会マスコットを決めるのは初めてのこと。世界中の人が注目したと思っています。平昌五輪の選手たちが帰ってきて興奮冷めやらないときだから、発表はグッドタイミングでしたね」と顔をほころばせた。

「未来ロボット型」ア案の作者は福岡県出身のフリーデザイナー谷口亮さん(43)。日本の高校を卒業後、米カリフォルニア州の大学で美術を学び、帰国後からオリジナルキャラクターの制作に取り組んでいる。谷口さんは「頭が真っ白。夢見心地です。今まで賞を取ったことがなかったので素直にうれしい。市松模様と桜を使って近未来的にできないかと考えました。アニメなどになって広がってほしいですね」と喜んだ。

 一番最初に伝えたいのは「大好きな奥さん」と即答。収入が不安定なフリーという立場を支えてくれたからだという。

「なるべく迷惑かけないようにと思っているんですが、『今月食費が少ないのでごめんね』と言うこともある。苦労をかけてきた。今回賞をいただけたので、ぜいたくをさせたい。回らないすしに連れていきたい」

 審査会は6月をめどにマスコットの名前を決め、今夏にも発表する見通し。その後、順次、グッズや着ぐるみとなって大会を盛り上げていく。なお、マスコットのロイヤルティーは大会終了までは組織委員会、終了後は国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)に帰属し、谷口さんに入るのは賞金100万円のみとなる。